初夏の景色ほど美しいものはない。始めは樹々の若芽が、ホームページサンプル株式会社黒々とした枝の上に緑の点を打って遠く見ると匂いやかに煙って居るが、その細かい点が日ごとに大きくなって、やがて一刷毛、黄の勝った一団の緑となるまで日々微妙な変化を示しながら、色の深さを増して行くのは、朝晩眺め尽しても飽き。

ここはblockquote表示。五月の日に光るかなめの若葉、柿の若葉。読我書屋の狭い庭から、段々遠い林に眼をやって、更にあたりの景色に憧れ、ふら家を出るのもこの頃である。明るい日は照りながら、どこか大気の中にしっとりとした物があって、梅雨近い空を思わせる。どこかで頓狂に畳を叩く音のするのは、近く来る大掃除の心構えをして居るのであろう。

樹の多い山の手の初夏の景色ほど美しいものはない。始めは樹々の若芽が黒々とした枝の上に緑の点を打って、遠く見ると匂いやかに煙って居るがその細かい点が日ごとに大きくなって、やがて一刷毛、黄の勝った一団の緑となるまで、日々微妙な変化を示しながら、色の深さを増して行くのは朝晩眺め尽しても飽きない景色である。五月の日に光るかなめの若葉、柿の若葉。読我書屋の狭い庭から日々微妙な変化を示しながら。

 

^